HOME > What'sAR > レースのタイプ

2.レースのタイプ

 
2.1長さ

  • スプリント:通常2時間から6時間のレース。最小限のナビゲーションが要求され、場合によっては小さなゲームや特殊なテスト等があり機敏性や知恵を試される。
  • 12時間レース:6時間以上12時間までのレース。限定的なナビゲーションをオリエンテーリングが特徴。
  • 24時間レース:18時間から30時間超のレース。UTM基準のナビゲーションが通常使われる。多くの場合、基本的なロープワーク(トラバースやラペル等)を含む。24時間を越えるレースにおいては、競技者は一名のサポートクルーを付け装備の運搬を任せるか、またはサポートクルーを認めず、レース主催者側が特定位置まで物資の運搬をする事もある。
  • マルチ(複数日)レース:36時間から48時間以上。高度なナビゲーションとルーと選択が要求さる。睡眠不足が重要な要素となってくる。
  • エクスペディション:3日から11日、またはそれ以上の期間。マルチデイレースにおける全ての試練を含んだ上、多くの場合は他の分野の技術が要求される(乗馬、変わったパドリング、広範囲にわたる山岳行程やロープワークなど)。

 
2.2技能分野・種目

  • 大抵のアドベンチャーレースはトレイルランニング、マウンテンバイキングと(理想的には)パドリングから構成されている。ナビゲーションとロープワークについては最短レース(スプリント)を除き入っているが、これはほんの一端に過ぎない。と言うのも、予期できないものを予期することがアドベンチャーレースの魅力の一つであり、レース主催者は競技者に対し予期できない、一般的ではない試練を課すことに誇りを持っている。レースは通常、下記の種目・技能分野を含む:
  • パドリング:カヤック、カヌー、アウトリガー、ラフト、チューブ。
  • 車輪付移動:MTB、キックスクーター、インラインスケート、ローラースケート。
  • 駄獣(運搬用動物):馬、ラクダ。
  • 空中移動:パラグライダー、ハングライダー。
  • 地上範囲:オリエンテーリング、登山、コースターリング(海岸線移動)、ケービング、スイミング、キャニオニング、リバーボーディング(ボディーボードの川下り)。
  • ロープワーク:アセンディング、ラペリング(懸垂降下)、トラバース(ジップラインを含む)。

 
2.3方式

  • アドベンチャーレースの形式や課題は上記の技能分野・種目の組み合わせにより様々である。ナビゲーションが必要とされるため、オリエンテーリング方式を取り入れることで様々なレース形式を作り出している。
  • フルコース:正式なゴールをするため、全てのトランジションエリアとチェックポイントの通過が義務付けられたレース。
  • ショートコース:この形式は通常、ゴール締め切り時刻が開始された場合において、参加チームを強制的に棄権(DNF:Do Not Finish)させるのを避けるため、何箇所かのセクションを省き、短縮されたコースでの正式なゴールとみなすレース。
  • アドベンチャー・ロゲイニング:この形式はオリエンテーリングから取り入れられ、レース終了時間が設定されている。このタイプのレースの目的は時間内にどれだけ多くの得点を取るかである。アドベンチャーレースへの応用として、必須または選択可能なポイント(地点)の取得や、チェックポイントの場所(攻略難易度)による得点の違いなどがロゲイニングから取り入れられている。

HOME | What'sAR | レースのタイプ